Now Loading...

Now Loading...

ライスパワー口コミ

現在、ライースリペア(RAIZ repair)使用中!

乾燥肌の原因と予防法

乾燥肌の原因

乾燥肌

乾燥肌になってしまう原因には主に脂質(油)と水分を失うという2つの原因が挙げられます。

皮膚の1番外側はバリア層で、主に油(脂質:遊離脂肪酸、セラミド)と水分で構成されています。この油と水分でできているバリア層は肌内部の水分量を調節します。

健康な肌は水分をよく保ち、滑らかで、柔らかい状態を保ちますが、皮膚がバリア層の保護油を失うと、経皮水分喪失(皮膚を通り肌内部の水分を喪失すること)が通常より何倍も増加します。

そして最終的には肌の乾燥を引き起こし、経皮水分喪失を加速していってしまいます。

肌の水分保持能

乾燥肌が引き起こす他の問題について

外側のバリア層の健康な構造と機能を維持するためには、10〜20%の水分量が必要です。水分喪失が起こると、皮膚細胞が上方にカールし、収縮して細胞の体積が減少します(水分の減少によってぶどうが収縮し、レーズンになってしまうと想像してください)。

そして、皮膚の裂け目または亀裂が起こり、炎症および皮膚の健康をさらにおびやかす物質が肌内部へ入りやすくなってしまいます。

乾燥した肌が刺激、アレルギー、皮膚反応を起こしやすい理由

肌が乾燥しダメージを受けた状態のままだと、アレルギー反応や刺激反応を引き起こす物質や感染を引き起こす可能性のある物質が簡単に肌内部へ入ってしまいます。

乾燥肌

こうした肌へのダメージが乾燥した肌の状態を維持してしまいます。この状態で、どんなスキンケアをするかには注意が必要です。刺激物を含むスキンケア用品では、さらなるダメージを引き起こし、乾燥を増加させてしまう場合もあります。

乾燥肌になってしまった肌に対処するには、肌のバリア層に十分な油と水分量を

乾燥肌の予防法

  • シャワーの温度をぬるめに設定し、浴びる時間を短くする。お湯は皮膚バリアからの水の蒸発を促します。
  • 入浴後、肌を完全に乾かす前に保湿を。肌がまだ湿っているうちに、保湿剤を使用して入浴時に失われた油を補い水分を肌に閉じ込めます。
  • 加湿器を使用する。寝室に加湿器を設置しましょう。
  • エアコンの強さを下げる。風向の対面にいないように気をつけましょう。1年中、空調が作動しているオフィスではとくに注意が必要です。屋外では、風が乾燥する原因になります。
  • 衣類によるアレルゲンや刺激物を避ける。衣服の加工における濃色(染料)、ホルムアルデヒド樹脂、ドライクリーニングに使用される化学物質など

加湿器

外的要因以外が原因になっている場合も

毎日の運動や食事と同様に、健康的な習慣は肌にも良い影響を与えます。

逆に栄養不足や不摂生、血行不良が原因で乾燥肌を引き起こしている場合も多いです。

  • 甲状腺疾患や糖尿病などの問題を抱えている
  • 利尿薬などによる脱水状態
  • 栄養失調、急激な体重減少、無理なダイエット

ひどい乾燥肌の女性

>>>【乾燥肌・敏感肌の方必見】セラミド生産を増やす化粧水・ライスパワーとは?