Now Loading...

Now Loading...

ライスパワー口コミ

現在、ライースリペア(RAIZ repair)使用中!

ライスパワーは化粧品だけじゃない【エイジングケア】

勇心酒造が開発した「ライスパワーNo.11」、コーセーの米肌・アイムのライスフォースなどのスキンケアコスメで有名ですよね?

「ライスパワーNo.11」は、主に化粧品に使用されており、厚生労働省から「水分保持能改善」の効果を承認をうけたため、ライスパワーエキスの中でもっとも有名になりました。

しかし、ライスパワーには「No.11」というだけあって、色々な「No.(ナンバー)」が存在します。数々の発酵法を組み合わせることにより、それぞれに違った効能があるようです。

女性

どんなNo.(ナンバー)があるの?

現在、商品化されているものに使われてい「ライスパワーエキス」は以下の「No.(ナンバー)」11種類です。

  • No.1
  • No.2
  • No.3
  • No.7
  • No.10
  • No.11
  • No.23
  • No.1-D
  • No.1-E
  • No.101
  • No.103

青字で示した「No.ナンバー」は体の外側から使用するタイプです。赤字で示した(No.100以降)タイプは体の内側から使用するタイプとなっています。

No.100以降、体の内側からって?

ズバリ、飲む(服用)するタイプの製品に含まれています。

主な商品としては、勇心酒造の「バリアケア101」

ライスパワーエキスが成分として入っているバリアケア

胃をいたわってくれる成分・ライスパワーNo.101を配合しています。15本で4,500(1本あたり300円)です。お味は独特のものというご意見も‥。

No.11配合の化粧品・ライースリペアを販売するライスパワーショップで購入できます!

>>>ライスパワーショップの商品をお得に購入するには?

勇心酒造・リセノワール

ライスパワーNo.101を配合しています。フルーティな飲み口で女性うけしそうなデザインですね。

米米酒

こちらもNo.101を配合。「米米酒」は2001年発売の日本酒ライスパワー・ネットワークの統一ブランドなので多数の蔵元から発売されています。

発売当時のキャッチフレーズは「米の旨さは知っている。米の力は誰も知らない」です。

ライスパワーエキスを配合する日本酒は数多くあり、「日本酒ライスパワー・ネットワーク」という蔵元の集まりがあります。

日本酒ライスパワー・ネットワークHP  http://www.sake-ricepower.gr.jp/

ライスパワーNo.103配合の製品は?

調べてみたところ、今現在、No.103を配合した製品は確認できませんでした。以前にはロッテより「米うるる」という美容ドリンクが販売されていたようです。

ライスパワーNo.103米うるる

化粧品以外でライスパワーNo.1〜99までの製品

じつは、ライスパワーエキスのルーツにはは「入浴剤」があります。一般的な製品では、「アトピスマイル 薬用入浴液」で、<医薬部外品>に認定されています。

アトピスマイル薬用入浴液

ライスパワーNo.1-Dを配合しており、こちらもライスパワーショップにて購入することができます。

ライスパワーNo.1-D配合の乾燥ケア・肌に優しい入浴剤

また、ライスパワーエキス配合の入浴剤は介護の現場にて愛用されているようです。

介護現場で活躍中。ライスパワー配合の入浴剤。

参考URL  http://www.yushin-brewer.com/kouken/

まとめ

もともとは、20世紀の日本で急増してしまったアトピー性皮膚炎患者のために開発されたライスパワーなので、化粧品以外の製品にも数多く配合されています。

なかでも、「アトピスマイル クリーム」は赤ちゃんから大人まで使用できるスキンケア用品でたいへん定評のある商品です。



ライスパワーを開発した「勇心酒造」が日本酒の蔵元ということもあり、ライスパワーを配合した日本酒好きには魅力的な美容効果のあるお酒も販売されていますが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう!

女性

>>>【関連記事】ライスパワーを開発した「勇心酒造」って?