Now Loading...

Now Loading...

ライスパワー口コミ

現在、ライースリペア(RAIZ repair)使用中!

細胞レベルから【エイジングケア】できるスキンケア化粧品【ライスパワー】

「身体の機能を健全化する」効果があるライスパワー、ここまで言ってしまうと何か胡散臭い、「マイナスイオン」や「水素水」と同じようなイメージを抱いてしまいそうですが、そうではありません。

しっかり、「医薬部外品」として効果を認められているナンバー(ライスパワーの成分にわりふられる数)のライスパワーも多々あります♪

女性

お米のエキス + 麹菌、酵母、乳酸菌

今まで(ここ数十年)のスキンケア化粧品は、ケミカル的な製品が多くなってしまい外部から肌の調子を取り繕うタイプのものが多かったのですが、、

  • 昔、ぬか床を毎日かき回していたおばあちゃんの手はなぜかスベスベだった
  • 昔の芸妓たちは化粧をする前に日本酒を塗っていた
  • 酒造の杜氏の手は、なぜだかキメが細かい

「ライスパワー」は、このような日本古来の美容成分(麹菌など)に着眼し、肌の本質(細胞レベル)に美容成分(栄養成分)を行き届かせることにより、エイジングケア・身体の健全を目指すという観点から開発された成分です。

実際、お風呂に日本酒を入れた酒風呂や甘酒を顔に塗るといったことがブームになったりしていますよね。ただ、こちらの方法は臭いのが難点ですが‥

>>>【関連記事】えっ!ライスパワーも臭いんじゃないの!?勇心酒造のライースリペアを実際使ってみた体験談

お米の発酵による力をひたすら研究し続けた男

酒蔵の息子に生まれ、大学で麹菌や発酵技術を勉強し、酒蔵を継いだのちも発酵酵母の美容成分・栄養成分を数十年にわたり研究し続けてきたのが、「ライスパワー」を開発した勇心酒造の徳山孝社長です。

成分研究

最初に注目されたのは「バス88」という入浴剤でした。米由来の入浴剤として初めて医薬部外品として承認されます。

今現在、勇心酒造からは「アトピスマイル薬用入浴液」という製品が発売されています。

アトピスマイル薬用入浴液

ライスパワーのナンバーって一体?

ライスパワーのナンバー(番号)は、

  • 1~99   → 外用剤
  • 101~199 → 内用剤
  • 200〜211   →   その他(調味料・洗剤など)

となっており各項目ごとに開発された順番でナンバリングされています。

勇心酒造から発売されている、バリアケア101という健康食品はライスパワーNo.101(胃や粘膜をすこやかに保つ成分)を凝縮させた製品です。

ライスパワーエキスが成分として入っているバリアケア

スキンケア化粧品以外にもライスパワーは使われているんですね。

1番有名なライスパワーN0.11

火つけ役は2004年、コーセーから発売されたライスパワーNo.11を配合したスキンケア化粧品「モイスチュア スキン リペア」。

コーセーの「モイスチュア スキン リペア」は初年度に100万本の売上と大ヒットを飛ばしました。

そして、ライスパワーはすっかり化粧品の美容成分として定着し、30代40代50代の方や乾燥肌・敏感肌の方に向けたエイジングケア化粧品として多種に渡るメーカーや化粧品が販売されるようになっています。

>>>ライスパワーのパイオニア勇心酒造のライースリペア公式サイトへ