Now Loading...

Now Loading...

ライスパワー口コミ

現在、ライースリペア(RAIZ repair)使用中!

【ライースリペアの発売元】ライスパワーを開発した勇心酒造って?

勇心酒造の創業は西暦1854(安政元年)と幕末まで遡ります。

元々は、香川県宇多津町にある小さな酒蔵だったようです。(現在は同県内の綾歌町)

勇心酒造

化粧品などの販売に転向したきっかけは、30歳で5代目に就任した徳山孝社長です。

勇心酒造の長男(正確には次男、本当の長男は生後1週間で死去)として生まれた徳山孝氏ですが、高校卒業後すぐには勇心酒造で働かず東北大学へ進学します。

そして、在学中に麹菌が作る糖の研究に没頭することになり、生物化学を学んだことでその面白さに目覚めます。

その後、東京大学大学院への進学を勧められ、応用微生物研究所に籍をおきます。

野口英世ばりな天才的研究オタクに近い人物のようです。

研究

1972年、勇心酒造社長に就任

勇心酒造就任後も「人間とは何か?」「自然とは何か?」という理念の元、麹菌による研究をひたすら続け、時には「入浴剤」開発のため1000通り以上の発酵法を試したりなど、常軌を逸した研究家ぶりです。

当時の日本はアトピー患者が増え社会問題となっていく真っ最中でした。

西洋的化学薬品が蔓延していく社会の中、「自然の持つ力」に着目し、徳山孝社長は徳島大学医学部付属病院皮膚科の荒瀬教授とアトピーに悩む子供達のため、「米の力」でアトピー改善のため共同研究をはじめました。

そして、1995年に生まれたのが「ライスパワーNo.11」のようです。

ライスパワーNo.11

皮膚が持つ本来の機能を引き出す「ライスパワーNo.11」

2002年に勇心酒造より「アトピスマイルアトピスマイル クリーム」を発売し爆発的大ヒットし、勇心酒造の名が全国区になります。



2004年にはコーセーから発売された「ライスパワーNo.11」配合の化粧品「モイスチュア スキンリペア」が1週間で20万本を売り上げる大ヒット。

お酒は造っていないの?

ここ30年はお酒を造っていなかったようです‥

秘密

しかし、2011年に地酒「勇心」を醸造し、酒造りも再開したようです

日本酒が好きな方は通販で購入できるので取り寄せてみてはいかがでしょうか?


>>>「勇心」を販売しているオンラインショップへ

「コーセーの米肌」や「ライスフォース」で有名なライスパワーNo.11ですが、開発したのは「ライースリペア」を販売している「勇心酒造」だったんですね。

日本古来の米のエキス、麹菌などに着目した製品は、敏感肌・乾燥肌の方とは相性が抜群のようです!。

女性

>>>肌の持つ力を引き出す「ライースリペア」をさらに詳しく知るには<<<